スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーリッジ再発見

先日、母とともにノーリッジを観光しました。
「アングロサクソンが最初に街を築いたのが、ノーリッジなんでしょ!」と、歴史&調べもの好きの母のほうがノーリッジに詳しいくらいで…私はあたふた
ともあれ、ノーリッジの魅力を再発見できました。

まず、母はノーリッジの駅の天井デザインに感動!(めちゃニッチ)



こんなレースみたいな素晴らしい装飾はなかなかない!と喜んでいました。
確かに、そう言われれば可愛いかも!?


そして、ノーリッジが誇る唯一の(?)観光名所、ノーリッジ大聖堂も素晴らしいと絶賛。










ノーリッジ大聖堂の売りをまとめますと(地球の歩き方流用)…
1) 1096年に建てられた歴史ある聖堂。
2) 尖塔の高さは英国第2位!
3) 回廊の大きさは英国第1位!!

です。確かに今回ゆっくりと聖堂内と回廊を周ってみると…中世の重みが感じられて実はすばらしい場所なのかも!!!
パワースポット的な、ポジティブな力も感じます。派手派手しくないので、なんだか落ち着くんですね。
これからは頻繁にパワー補充にきてみようっと(入館は基本的に無料であります)。


そして、ノーリッジ大聖堂わきにあるレストラン「Farmer Browns」に行くと、これまた美味しかった!!!!




新鮮は野菜を使ったイギリス料理が楽しめるお店なのですが、手作りのこーんなスコーンはかなり完成度が高かった!



そして、このお店にかかったら、フィッシュ&チップスもこんなにお洒落に仕上がってしまいます。




値段はかなり良心的。
「これがロンドンだったら、倍の値段よね」なんて母と話しながら、“不味いイギリス”イメージを払拭したのでした。

ちなみに、私が美味しいものが食べたくなったときに通う隠れ家カフェは、以前にも紹介したThe Green Grocers」。
コーヒーは濃厚でいい大人の味★



そして、ファラエルの柔らかいことといったら!!!!



東京にもロンドンにも決して負けません。


さて、最後に。実はノーリッジには知られざる名物があります。

それはママママスタード!!!
ノーリッジは、マスタードで有名なColman'sの本拠地なのであります。
見てください。このマスタードの世界。





マスタードの入浴剤だってあるのです(肌がヒリヒリしそうで試していないけれど!)。



どうです、ちょっとノーリッジに興味がわいてきましたか?ロンドンから電車で2時間。今なら宿泊代タダ(!?)ご予約はお早めに!!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

またまたスピリ旅してますね~!
湖水地方もノーリッジも雰囲気あっていいな~!
歴史ある大聖堂、大回廊、ぞくぞくしますっ。何となくヒッチコックの映画「めまい」の教会のシーンを思い出しちゃいました。

お母様と素敵な時間を~☆

No title

「めまい」みたことないです・・・今度チェックしてみますね!!!
ノーリッジの大聖堂は、本当にスピリチュアルスポットのような気がしています。これはら毎週のように(?)スピり旅してみようかと・・。
湖水地方は、映画「エマ」の世界のようでした★
カウンター
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。